サイトホーム| メイン

October 01, 2007

JAC、松本新千歳線就航

JACは1日松本新千歳線を就航させた。とりあえずは毎週月水金日曜日の運航となる。ところで同社はもともと鹿児島から奄美諸島への航空会社として生まれ、徐々に西日本全域と就航地を増やしてきたがこれでついに津軽海峡を越えたこととなる。

投稿者 kokuitten : 11:16 PM | コメント (0) | トラックバック

September 30, 2007

羽田からの2都市目の定期チャーター便上海線就航

29日、羽田空港からソウル金浦空港に続く2都市目の定期チャーター便の上海線が就航した。お約束通り浦東空港ではなく虹橋空港を使用し、当面JAL・ANA・中国東方航空・上海航空が各一便ずつ就航させる。

なお、近い将来ソウル金浦空港と上海虹橋空港との間でも同様の便が運行され、東京・ソウル・上海との間はやや特殊な関係となる。このことについては今後も推移を見守っていかなければならない。

投稿者 kokuitten : 01:13 PM | コメント (0) | トラックバック

September 02, 2007

ANA、B737-700ERにより成田ムンバイ線就航

ANAは1日B737-700ER2号機を用いて成田ムンバイ線を就航させた。同機は全席ビジネスクラスの36席(実際には38席あるが2席は販売しない)仕様で運行される。なお、10月28日から翌年3月29日の間の往路便は長崎にテクニカルランディングする。

投稿者 kokuitten : 01:08 PM | コメント (0) | トラックバック

March 16, 2007

ジェットスター就航

15日、オーストラリアのカンタス航空の子会社でLCCキャリアとして知られるジェットスターが関西-シドニー、ブリスベン線に就航した。さらに8月2日には中部-ケアンズ線、9月8日には関西-ケアンズ線に就航する予定である。
同路線はスタークラス(ビジネスクラス)とエコノミークラスの2クラス制で運航される。なお、LCCのお約束通り、エコノミークラスのサービスはすべて有料である(スタークラスは運賃に含まれている)。

これまで日本には距離的な関係からか、LCCキャリアが参入するということは無かった。東南アジアにはエア・アジアなどのLCCキャリアがいるが、航続距離の関係で小型機の就航はかなり厳しく、このジェットスターは航続距離が充分なA330型機就航した。ただ今後エア・アジアも航続距離の長い機材を用いた長距離国際線を運航する計画もあり、活躍が期待される。

投稿者 kokuitten : 01:32 PM | コメント (0) | トラックバック

January 20, 2006

日航・全日空、3月発券分から国際線値上げへ

両社は国際線航空運賃を3月1日発券分から値上げすることを日本航空は16日に、全日空は20日に発表した、いずれも運賃に上乗せしている燃油特別付加運賃を引き上げることによるもの。

投稿者 kokuitten : 11:26 PM | コメント (0) | トラックバック

日航、国際線5路線撤退へ

20日付日経新聞朝刊によると、日本航空は2006年度中に
・関西-ロサンゼルス線
・広島-ソウル線
・小松-ソウル線
・成田-ラスベガス線
・関西-ブリスベン線
から撤退する方針を決めた。

これらの路線を見てみると、地方発路線や観光路線が多いことに気付く、特に国際線では一機の航空機の中にもさまざまな運賃の乗客が乗っているため(正規運賃、ツアー客など)、航空会社はイールド(平たく言えば1便あたり収益率)の管理・向上には頭を悩ます。昨年10月以降、ミクロネシア線不採算路線を休止する動きが広がっているし、全日空は自社では運航せず、アライアンスによるコードシェア運航(他社の便に自社の便名をつける-同社時刻表では青は自社便、黄緑がコードシェア便です)を活用している。

一般的にビジネス客が多いニューヨーク線や中国線などは収益率が高いが、ミクロネシア線や地方発路線などビジネス客の少ない路線は収益率がいいとは言えず、運休になってしまうことが多い。

しかし関西-ロサンゼルス線まで運休とは・・・

2月7日追記:
この日の日経新聞によると、東京ロンドン線がダブルデイリーからシングルデイリーへ、東京バンコク線はトリプルデイリーからダブルデイリーへと減便されるようです。

投稿者 kokuitten : 08:16 PM | コメント (0) | トラックバック

August 01, 2005

アシアナ航空のストで国際線にも影響

アシアナ航空のパイロットのストが長期化する中、明日以降その影響が国際線にも出そうである。明日から全体国際線路線116便中、日本、中国、アメリカ路線など総11便の欠航を明らかにした。

また、国内線は176便中、16便が欠航、貨物機は8便全ての運航を中断する。

同社はストライキが延びれば、アメリカ・ロサンゼルスとニューヨークなど、人気路線の欠航も不可欠だと明らかにした。

投稿者 kokuitten : 08:10 PM | コメント (0) | トラックバック

June 11, 2005

ベトナム航空中部―ホーチミン線就航表明

ベトナム航空が、中部―ホーチミンシティ線の乗り入れを表明しました。7月29日より週3便(毎週月・水・金曜日)の運航で、使用機材はB767です。

投稿者 kokuitten : 01:55 PM | コメント (0) | トラックバック

June 01, 2005

全日空、中部―稚内線就航

セントレア11:40発、稚内13:40着、到着便は稚内14:10発、セントレア16:20着となります。

投稿者 kokuitten : 01:48 PM | コメント (0) | トラックバック

May 16, 2005

全日空、中部―上海線就航

5月16日より上海線を週4便(毎週月・水・金・土曜日)運航開始されました。使用機材はB767-300です。同便の就航により、これまでのJAL、中国国際航空、中国東方航空に加えセントレア - 上海便は32便/週になります

投稿者 kokuitten : 02:00 PM | コメント (0) | トラックバック

April 29, 2005

ユナイテッド航空、中部―台北線就航

4月29日にユナイテッド航空による台北便が就航しました。デイリー運行です。これまでのチャイナエアライン、日本アジア航空、キャセイパシフィック航空に加え、セントレア-台北便は週28便になります。

投稿者 kokuitten : 08:02 PM | コメント (0) | トラックバック

エア・カナダ、中部―バンクーバー線就航

エア・カナダによるバンクーバー便が就航しました。 4月27日から5月29日までは水・金・日発(火・木・土着)の週3便、5月30日より毎日運航されます。使用機材はB767-300となります。

投稿者 kokuitten : 07:58 PM | コメント (0) | トラックバック

April 04, 2005

アメリカン航空、中部―シカゴ線開設

アメリカン航空が、中部―シカゴ路線が就航しました。デイリー運航になります。これにより、北米路線はアメリカン航空シカゴ便(デイリー)、ユナイテッド航空サンフランシスコ便(デイリー)、ノースウェスト航空デトロイト便(デイリー)の3路線となりました。

投稿者 kokuitten : 02:18 PM | コメント (0) | トラックバック

April 02, 2005

カタール航空、関西―ドーハ線就航

4月1日、カタール航空が、関西―ドーハ線をノンストップであと就航させた。中東ノンストップ路線は、エミレーツ航空の関西―ドバイ線に続き、2路線目になる。機材はA330-200型機を使用する。

ちなみにドーハといえば、93年サッカーワールドカップ予選で、本戦出場を阻まれた「ドーハの悲劇」の舞となったところである。

投稿者 kokuitten : 02:20 PM | コメント (0) | トラックバック

March 28, 2005

ユナイテッド航空、中部―サンフランシスコ線就航

ユナイテッド航空が、中部―サンフランシスコ路線が就航しました。デイリー運航になります。なお、ユナイテッド航空は、4月29日よりセントレア-台北線も就航します。

投稿者 kokuitten : 11:15 PM | コメント (0) | トラックバック

March 02, 2005

フィリピン航空中部―マニラ線就航

週4便(セントレア発;毎週月・水・金・日曜日、マニラ発;毎週火・木・土・日曜日)の運航で、これまでのJAL、ノースウェスト航空に加えセントレア-マニラ便は15便/週となります。

投稿者 kokuitten : 01:44 PM | コメント (0) | トラックバック