サイトホーム| メイン

December 23, 2005

進入・着陸時に「VNAV」を使う?

昔、「ハイテク機」と呼ばれていた機体(今はほとんどがハイテク機となっています)では、FMS(飛行管理システムを利用しています。巡航飛行中では横方向の「LNAV」と縦方向の「VNAV」を用いながら航行しています。

一方、進入着陸時ですが、すいている空港では「STAR(進入経路)」に従って進入するので問題ないのでしょうが、羽田空港など、レーダーベクター(レーダー画面を見ながらの誘導)をかけられる空港では、機種方位や高度、速度などを指定されます。そのようなときの自動操縦のモードはどのようにしているのでしょうが?疑問に思うところです。水平方向については、「HDG SEL」モードになるのは分かりますが、水平方向については、VNAVのままで行くか?あるいは自身の計算を元にV/Sモードなどのほかのモードを使うのか?各機長によって違うのかもしれません。

かといって、各機長がそれぞれの考え方で操縦していたのでは、同乗する副操縦士が困ってしまうでしょうし、審査で査察操縦士も採点に困るでしょう?

ふと疑問に思って、このエントリーを投稿しました。

なお、この投稿に関して、以下の書籍・雑誌・サイトを参考にさせていただきました。(順番は発売日順です)
・月刊エアライン1997年8月号、特集「旅客機を操縦する」(イカロス出版)
・「旅客機操縦マニュアル」(イカロス出版、月刊エアライン編集部、1998年1月)
・月刊エアライン1999年3月号、特集「旅客機でGo!-旅客機操縦の常識 オートマチックフライトを極める」(イカロス出版)
Flying DUCATIstの「フライト日誌」
・「査察機長」(新潮社、佐藤隆信、2005年7月)

投稿者 kokuitten : 08:15 AM | コメント (0) | トラックバック

「胴体着陸」と「不時着水」どちらが難しい?

かなり不謹慎な内容ですがご了承ください。

万が一の事態が発生した時には、場合によっては海上などに不時着水することもありえます。また、車輪関係に故障が発生した場合には胴体着陸となることもあります。ここでは胴体着陸と海上不時着水のどちらがより難しいか(あるいはどちらの方がやりやすいのか)比べてみたいと思います。

なお、条件を同じにするため、燃料はほぼ空(引火の可能性はほぼ無い)、車輪が出ない以外の機体のトラブルは無い、海上はべた凪である、という前提にします(荒れた海では答えが分かってしまうと思いますので)。

コメント・トラックバック大歓迎ですのでよろしくお願い申し上げます(特に本職の運航乗務員の方、よろしくお願いいたします)。

投稿者 kokuitten : 08:03 AM | コメント (0) | トラックバック

「管理人の疑問」カテゴリー新設

新たにカテゴリーを作りました。私が疑問に思っていることを公開する、「管理人の疑問」カテゴリーです。

ただし、私もマニアの一人なので、かなりマニアックな話題になることはご承知おきください。

投稿者 kokuitten : 08:00 AM | コメント (0) | トラックバック