サイトホーム| メイン

September 22, 2007

自動車の免許取得方法についての雑感

最近暇があると自動車の免許取得のウェブサイトを見ている。ただし、教習所ではなく、試験場での取得(いわゆる一発試験)方面である。主に見ているサイトとして、「二俣川フルビット物語」を挙げておきましょう。蛇足ですが6月の改正でそれまで「普通免許」を所持していた方はその免許が「8t限定中型免許」にかわったため、現在完全フルピットの人はほとんどいないはずです(免許更新時に普通免許が欠けた免許証が交付されます)。

自動車免許の場合、二輪車・普通車の免許は多くの方が技能試験免除になる(修了検定・卒業検定はありますが)指定自動車教習所で取得するはずです。一方、免許が取り消されてしまった方や、学科教習費がもったいないといった理由で試験場での一発試験を選択する方もいます。こちらは試験官が公務員(というよりも警察官)で、合格率が非常に低いのが定説です。

最近はこれまでは試験場でしか取得できなかった大型二輪や二種免許も教習所で取得できることになりました。ただし、これら新しく教習所で取得できるようになった免許を実際に「指定」の看板を掲げて教習を行うには、「指定前教習」というものをこなさなければならないそうです。どうするのかというと、教習所で教習をして一定数を試験場に送り込み、技能試験合格率が95%以上であれば、晴れて指定教習所として「技能試験免除」で教習ができるようになります。つまり、「うちの教習所の卒業生はちゃんと技能試験に合格する能力があります」ということを証明しろということなのでしょう。ただ、要求される合格率が95%と非常に高いため、実際には「10人(あるいはそれ以上)連続で一発合格させる」というのが事実上のノルマになっているようです。ですので「しょーへーの風まかせ」というサイトの中の「指定前教習」で大型二輪車の指定前教習の様子が掲載されていますが。本来は10秒以上で通過すればいい一本橋を30秒以上かけて通過せよ、などというメチャクチャなことも要求されることもあるようです。

ところで飛行機免許の場合、基礎訓練段階では多くの方はアメリカなどで免許を取得します。アメリカの場合は「FAA公認試験管」制度で、ある意味教習所の検定員が試験をするように(私の教習所では検定員も検定中以外は普通に教習を行っていた)いつも見慣れた人が試験をし、国内免許書き換え時も学科試験だけであるのに対し(ただし、自家用の場合)、一方事業用以上の場合は試験は免除されず、国土交通省の試験官(警察官ではない)が出張してきて試験を行います(例外は航空大学校等の指定機関)。また航空会社に入社後の機種限定取得やATR取得時もどうやら社内の査察操縦士ではなく試験官が行うようです。一方定期路線審査や定期技能審査は査察操縦士のようです。

よく言われるのが航空会社に入ると1度フェイル(不合格)になると再訓練後の2度目のフェイルでは、「操縦士要員から外す・機長への道が閉ざされる・上位機種への移行取り消し・副操縦士降格」といったことになるようで、「RFC(受験許可)を出すかどうか(教習所で言うところの「みきわめ?」)・・・」で教官が迷うこともあるでしょう。

投稿者 kokuitten : 11:15 AM | コメント (0) | トラックバック

September 15, 2007

機種移行訓練

ちょうど当サイトのリンク集を増やすために他のサイトを見ていたら、機種移行訓練の記事がありました。こちらのサイトです。どうやら日航機長でB747在来型からB737-800型への移行訓練のようでした。

内容を見てみると、4週間の座学、FBS(モーションビジュアルなしの手順習得訓練か?)10ホップ(5ホップ目からはノンノーマルが入ってくるようです)。知識試験・救難訓練を終えFFS(標準で12回。必要に応じて追加訓練を4回まで、その後に航空局の試験官によるシミュレーターチェック)、そしてOJTのようでした。

それにしても非ハイテク機(B747在来型やDC-10など)からFMS装備のグラスコックピット機に移るときの訓練は、コパイ時代にB767などの経験があれば別ですが、大変なのかな?

コックピットの高さが低いので怖いとのことでしたが、今発売中の月刊エアラインの特集はB747-200型。ちょうど記事に逆のことが書いてあるのを思い出しました。

投稿者 kokuitten : 08:03 AM | コメント (0) | トラックバック

航空英語試験

以前から知っていたが国際線運航乗務員に課せられる英語試験「航空英語能力判定試験」を扱ったページが見つかった。詳細はこちら。なお、当サイトのリンク集にも掲載させていただきました。

点数によって6段階に評価され、国際線運航には4段階以上の評価が必要のようである。また内容も一般英語が必要な部分もあり、これは厳しそうである。

投稿者 kokuitten : 07:34 AM | コメント (0) | トラックバック

November 26, 2005

小型機はよく揺れる?

私は最近は小型機は乗らないので正直なところよく分からないのですが(はるか昔にYS11に乗った事はありましたが、まだ物心つかない頃でしたのでその頃のことはあまり覚えていません。

そんな中、「かりんのひとりごと」というブログに「飛行機が怖い」という題で北海道で乗ったプロペラ機での乱気流による悲惨な体験談が綴られています。

行きの釧路札幌間は「スチュワーデスさんは一人だけ。片側に一席、もう片側に二席の三列で」とあるので、HAC(北海道エアシステム)のSaab340型機(約34人乗り)、帰りの丘珠釧路間なのでANK(エアーニッポン)のYS11型機(約64人乗り)か同社のDAC-8-Q300型機(約56人乗り)で間違いないでしょう。ちなみにコメント欄の「わい」さんの「HAC(函館釧路間)はほぼプロペラ機」もSaab340型機です。

小型機特にプロペラ機は与圧されていなかったり、与圧されている機体であってもあまり高い高度は飛ばない(せいぜい6千メートルぐらい)ため、空気の対流の関係で高高度を飛ぶ飛行機よりも揺れに遭遇する可能性は高いだろう。

ただ気になったのは同ページには書いていなかったが、運航乗務員からキャビンに状況などの報告があったのかどうかが問題だと思う。乱気流に巻き込まれているため正常な運航とはいえないと思うが、かといって機体に故障が発生したなどという完全な異常運航でもないのだからある程度は余裕があるはずだ。「現在どのような理由で気流が乱れていて…」というアナウンスがあるのとないのでは全く違うはずである。

ただキャビンアテンダントまで青くなっていたのでは相当な揺れだったのでしょうね。

投稿者 kokuitten : 10:50 PM | コメント (0) | トラックバック

November 23, 2005

「他のサイト(ブログを含む)から」カテゴリー作成

この度新カテゴリー「他のサイト(ブログを含む)から」を作成しました。

これまで当ページ開設後実際に起こった事柄をを私なりに解釈した記事を作成してきました。
こちらのカテゴリーでは他のサイト(ブログを含む)の中で見つけた面白い、役に立つページや記事を紹介していきます。つまり、フィルタースタイルのページとお考え下さい。
現在はサブカテゴリーがございませんが、そのうちサブカテゴリー化する予定です。

投稿者 kokuitten : 08:17 PM | コメント (0) | トラックバック