サイトホーム
« サウスウエスト機、オーバーランで空港を飛び出す。巻き添えで子供死亡 | メイン | マイアミ空港で保安官が乗客を射殺 »

December 15, 2005

B777型機用のP&H社製エンジンに製造ミス

B777型機で、飛行中に異常振動によりエンジン停止をしなければならないトラブルが相次いでいたが、同型機のエンジンのうちP&H(プラットアンドホイットニー)社製のエンジンのタービンブレードが腐食して破損の恐れがあることが分かった。ブレードに施されていたメッキが塩分などと反応して腐食するとのこと。

同社エンジンを搭載したB777は国内の航空会社では、
・日本航空(国内線用B777-200、国内線用B777-300)
・全日空(国内・国際線用B777-200、B777-200ER、国内線用B777-300)
を所有している。

なお、
・日本航空(国際線用B777-200ER、B777-300ER)
・全日空(同B777-300ER)
は他社(GE)のエンジンである。

投稿者 kokuitten : December 15, 2005 11:14 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://WWW.kokuitten.com/travelbyair/mt/mt-tb.cgi/108

コメント

コメントしてください




保存しますか?